ミノキシジルの副作用について

ミノキシジルの副作用について

肝臓に負担がかかっている可能性が肝臓の細胞が死んだときに出る酵素(粒-GTP)が増えることもあるので考えられています。肝機能障害がミノキシジルの副作用の一つにあります。

そのなかで、性欲低下、勃起障害、射精障害(精液量の低下)など男性として気になる副作用があります。ストレスや過労、飲酒などが原因である場合も考えられるので、ミノキシジル自体が原因ではありませんが、気になるようであればクリニックなどを受診する事をお薦めします。

ほとんどの場合、副作用で報告が多数「胃の不快感」については、長く継続する事は無く、ミノキシジルに慣れてくれば感じなくなるケースがほとんどです。肝機能障害の報告例は小人数のですが、肝臓に何らかの不安を抱えている方は控え目に言っても服用しないほうが無難と言えますね。

そのような症状が出たら、基本的に、ミノキシジルの服用を中断すれば改善されることがほとんどです。発疹、そう痒症、顔面腫賑、口唇腫賑、じんましん、などがミノキシジルの副作用については、報告されています。